2004/11/24

083.キミが在る理由。

生きる意味を失ったとしても
生きる希望を失った訳ではなく

生きる権利は要らないと言おうと
生きる義務があるだろう

少なくとも僕が生きている今は。

082.放課後

ちらっと
ときどき
姿を現すあなた

ずっと
ドキドキ
しっぱなしのあたし

081.翔

今まで なんとなく感じてたこと。
今まで 目を瞑ってきたこと。
今まで 逆らってきたこと。

その全てを受け入れて
ようやく僕は一人前になる。

080.あしたもあさっても

あなたをいつ
うしなってしまうかわからない
そんなふあんを
かかえるよりも

このままずっと
いっしょにいれたら
どんなにいいか

あすのふたりを
ゆめみてねむろう

2004/11/17

079.窓の向こう。

今ここから逃げ出したとしても

きっと結果は同じ

いつだって 幸せは自分から掴みにいくもので

願ってるだけじゃ やってこないぞ

そう言うけれど

じゃぁ、掴もうとしてもすり抜けていくものは

どやって繋ぎ止めればいい?

078.ひとり

ひとりで苦しんでるなんて
最後までわかんなかったよ

ひとりで闘ってるなんて
最後までわかんなかったよ

神様じゃないんだから
言ってくれなきゃわかんないよ


・・・・神様だったら
この世界に引き戻せたのにな

077.捨猫

ねぇ、お前も
ひとりぼっちは嫌だよね

拾ってあげたいけど
連れて帰れないの

きっとあたしもそうなのかな

同情は集めても
誰も拾ってくれやしない

076.Through

めいっぱい笑ってるのに
あなたは
うそだと見抜く

めいっぱい強がってるのに
あなたは
うそだと見抜く

めいっぱい想ってるのに
あなたは
うそだと見抜くことなく

あのコばかり見てる。

2004/11/12

075.Fall’in Love in Fall

木漏れ日が射す日曜の午後。

僕は君に会う度に
頬を赤く染めながら
下を向いて話すのが精一杯。

まるで光に照らされる木々が
赤く染まり、冬支度をするように

そんな季節。僕の初恋。

074.現状維持

急に生まれたこの不思議な感情。

認めること
      伝えること
            抑えること
                  忘れること

どうすることもできずに、漂うばかり。

2004/11/09

073.リピート再生

今日のあなたとの会話を ベッドで復習。

繰り返し繰り返し 何度も頭の中で再生して 

ちっちゃな幸せかみしめる

明日もいいことありますように

胸がいっぱいになったら

ぐっすり眠れる そんな月曜日。

072.可愛い子。

僕の好きな女の子のタイプ。

「かお」の可愛い子。

でも、勘違いしないでくれよ?

顔が可愛い子がいいって言ってるんじゃなくて
表情が可愛い子っていう意味なんだから

そうそう、キミみたいな、ね。

071.Alike

何度、恋をしても

貴方を思い出させる何かを皆持っているのは

偶然ですか、それとも必然?

070.不要者。

いくら声をかけても心閉ざされてる僕は きっと君にとって不必要。

2004/11/04

069.ちっちゃな抵抗

そんなに悩んだって
きっとキミの答えは出てるんだ

その答えを覆したいから
わざと惑わしてみる僕
そんな気持ちなんて
お構いナシなキミの背中なんか
絶対押してやらないぞ。

068.昼の顔

泣き虫で、情けなくて
どうしようもないと思ってたのは

どうやらあたしだけで

寧ろ、そんな貴方を知っていたのは

どうやらあたしだけで

今まで見たこともない
男らしい大人の姿がそこにあった。

これからはもうちょっと
抱き締めてあげようかな。

067.今。

とにかくあなたと恋がしたい。

066.操縦士

出会いなんてないって
あれだけ嘆いてたけど

いざ出会ってみると
なかったのは

恋するパワーだった。

さぁ、どうする?

スタートも
       ストップも

ハンドルを握るのは私