2004/09/30

036.ファイト。

頑張れ、だなんて言わない。
これ以上、頑張る必要なんてない。

ただ、自分に素直になって。
自分だけは、味方になってあげて。

辛いとき、踏ん張れるのも
SOSを送ることが出来るのも
貴方しか居ないんだから。

今日も一日闘ったら、自分にご褒美。
それが、心と体の上手な付き合い方。

035.New Life

今まで広かったベッドが
急に狭くなった。

今まで寒かったベッドが
急にあったかくなった。

今まで減らなかった野菜が
急に減るようになった。

今まで寂しかった食事が
急にあったかくなった。

これからはじまる
あなたとあたしの新生活。

034.ガールフレンド

愛してないくせに
愛してるよ
と何度も言えるのに

好きなのに
その気持ちを伝えることさえ
出来ない貴方

そんな貴方を好きなあたしは
カラダを重ねることも
想いを通わせることも
両方出来ないポジション。

でも、大切にされていることだけはわかる。
今はそれで、我慢しようかな。

033.不器用男。

幸せには不慣れで
いつか、こんな夢みたいな生活も
どうせ終わるのだろう
そんなことばかり考えていた。

そんなことばかり考えていたから
終わってしまった 夢みたいな生活。

いつ終わるかわからない先のことを 
不安に思うより
今目の前にある幸せと 君のことを
守らなければいけなかった。
愛さなければいけなかった。

自ら失う幸せは、不幸よりも辛い。

032.別離

すれちがった心を
取り戻すより
いっそのこと
心通わなかったのだと
思った方がどんなに楽か

愛し合った日々を
思い出すより
いっそのこと
愛などなかったのだと
思った方がどんなに楽か

貴方なら大丈夫
きっと私のことなんてすぐ忘れる。

私なら大丈夫
きっと貴方のこと・・・忘れられないけどね。

2004/09/15

031.ダークサイド

前触れもなく 突如として現れて
首に手をかけ 苦しめる黒幕

一体、何者なのか
その正体を 本当は前から知ってる

誰にも見えやしない

闘えるのは 自分だけ

030.FREE

強制されるよりも

人が畏れているものは

何をしてもかまわない

「自由」

なのだと気付いた。

029.無知

孤独を知っている君より

孤独を知らない僕のほうが

きっと

ずっと何倍も

孤独なんだと思う。

028.驕り。

自分が思う程

必要とされてなくて
期待なんてされてなくて

じゃぁ、こんなにも真剣に
悩んでいる自分はなんだって

それはあんたの思い上がり

まるでそう言われてるかような
キミの言葉に
自分の愚かさを知った。

2004/09/13

027.あなたのとなり。

男友達に紹介する時。

記念日のためにバイトを休む時。

歯ブラシがふたつ並んだ時。

そして、今この瞬間。


あなたの彼女だと、実感。

026.愛の星

誰かに愛されたくて
誰かに必要とされたくて
ひたすら、踠(もが)くあたしは。

空を愛して
空を愛する貴方を
ひたむきに愛することを知って
初めて貴方に愛されました。

この地球は
きっと、愛の塊。

愛されたいのなら
自ら愛を与えなさい。

求め踠(もが)いても、決して手に入りはしない。


025.タイムカプセル

本気で笑って
本気で泣いて

初めて本気で恋したあの夏。

忘れたいから、心の隅にしまって
開かないように蓋をした

いつか風化して
消えてなくなることを願った

だけど出口のない想いは
飛び立つわけもなく
寧ろ、塊となって私の中に在り続ける。

本当は忘れたくなんかない。
いい思い出だねって
笑い会える日が来るまで
あと少し、もう少し

ずっとずっと温めよう

024.迷子

強く抱きしめたら
今すぐに壊れてしまいそうな
君の心を

どう守ればいいのか
見失ってしまった

悔しいほどに感じるのは
こんなにも小さかった自分


023.2LDK

部屋に残ったもの。

一人分の家具。
一人分の食事。
一人分の思い出。

たったひとりの私。

022.ツインズ

気付けば いつも隣に
嬉しいことも 悲しいことも
全部ふたりで 半分コ

気付けば いつも自然に
弱い自分も 醜い自分も
強い私が 見当たらないの

例えどれだけ離れたとしても
例えどれだけ月日が流れたとしても

貴方の代わりなんていない
貴方じゃなくちゃいけない

たったひとりの 私の片割れ。


021.月

無数の星が瞬いても
目の前は暗闇
光が射すのを待ってる

私は此処に居ます。

大声でそう叫んでも
ただ立ち止まっているだけ
前に進むことも出来ずに
貴方を見上げてる


闇に浮かぶ小さな箱舟
心にキャンドル 燈したら
道標になる

私は此処に居ます。

洞窟照らす光藻のように
夜空を輝かす貴方のように
自分の居場所を捜し続ける
生命ある限り

2004/09/07

020.インスタント

貴方と私を繋ぐのは
このPCだけ。

名前も顔もどんな人かも
全く分からない
だけど
貴方の文面には
ちゃんと性格が表れてる。

これが全て真実でありますように

私はそう願いながら
また貴方にこうやってメールを送ります。

今はこうしていたいの

こんな関係を続けている自分が
ただの臆病者なだけだと
わかっていても

2004/09/06

019.恋の処理。

いっぱい いっぱい
辛い恋してよかったんだよ。

悲しくて、苦しくて、
胸が張り裂けそうになるくらい。

それだけ、あなたが
人を真剣に好きになることが
どれだけ素晴らしいことなのか

それだけ、あなたが
辛い思いをしたからこそ
感じることの出来る幸せを

今。かみしめて。

そしてまた前に進めばいいだけ

018.意思表示

好きすぎて
意地悪しちゃいました。

好きすぎて
我侭しちゃいました。

それでも
なんだかんだ言って
私を横に置いてくれる
そんな貴方を 好きすぎるあたし。

かわいい女の子になるなんて
そんな器用なこと出来ないから
これがあたしの 精一杯の意思表示。

頼りないっていつも言われてる
ちょっぴりドンくさい貴方の
男らしさを知ってるのは
あたしだけでいい。

こんなに素直じゃないあたしを知ってるのも
貴方だけなんだから。


2004/09/02

017.ポーカーフェイス

きっと
あたしの方が
貴方のことを

すごく好きで
すごく好きで
すごく好きで

だからいっつも
自分ばかり会いたいんだって
そう思ってた

別れ際のバイバイ
繋いだ手を離そうとしたその時。

ぎゅっと強く握り締めた貴方

あ。
今わかっちゃったかも

普段、そっけない貴方の正体。

016.充電

得意なことは

愛想のいい笑顔と 嘘をつくこと

苦手なことは

甘えることと 涙すること

そんなあたしの

・・・・充電がなくなった。


唯一、満たせるのは

貴方だけ

015.中継地点

あまりにも無防備な君の
屈託のない笑顔や
その寝顔に
僕がどんなに悩まされてることか。

君は00:00になると必ず
僕の元へやってくる。

おかえり

そう言って強く抱きしめたいたいけど
君の帰る場所は此処じゃないよね

毎日、君が来るのを待つ僕と
毎日、僕の部屋であいつを待つ君

2004/09/01

014.if・・・

あの時、もう少し素直になれてたら
あの時、行かないでって言えてたら
何か変わったかな
なんて。

考えるのはやめよう

だって
考えられないんだもの

あの時、貴方に出逢ってなかったら
今頃あたしどうしてたんだろう?
なんて。