2004/08/30

013.面影

生まれ育ったこの街も
私が少し見ない内に
面影なく変わってしまった。

あの頃、
よくふたりで寄り道した喫茶店も
初めて手を繋いだ神社の境内も
想い伝えたあの公園も

それでも
貴方だけは変わらないと
信じていた私。


変わらなかったのは
貴方に対する私の想いだけでした。